スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
受身の達人
このシルバーパーツ、
何の形でしょう~?
PE_20120531175356.jpg
こたえ・・・
「ハート形のラケット」らしいです☆
通っていらっしゃるテニスクラブの
オリジナルのチャームなんですって。
これをラケットカバーに
取り付けられるようにしてほしい
ということでおあずかりいたしました。
試合に勝てるような石がいい♪
ということだったので
モチベーションアップの勝負石カーネリアンか、
それとも
洞察力、直感力を高めて
勝負運をアップさせてくれるタイガーアイか・・・
結局、イエロータイガーアイにしました。
テニスボールみたいだし☆
それと、潜在能力を高めるスモーキークォーツも♪
我が家の子供達も
週に3回、テニスを習いにいっとりますよ~☆
義父がテニス好きなので
子供達は3歳くらいからやっています。
私は球技全般、さっぱりダメだというのに。(笑)
義父は子供達をテニス教室に通わせてくれたり
成長ごとにラケットを買い与えたりと
とても熱心に面倒を見てくれるのですが
私がこんなんだからか(笑)
後から始めたお友達のが
よっぽど上手だったりして。
今年からは試合に出ることを目標に練習しているらしく
今までの楽しい子供テニスからすると
ちょっと体育会系な練習をしているようです。
うちの子達は基本マイペースで
かけっこで負けようが
他の子達より鉄棒や跳び箱が
出来るようになるのが遅かろうが
あんまり悔しがったりしなかったのだけど
試合に出るようになれば
色々と悔しい思いをするでしょうねぇ。
相田みつをさんの詩に
こんなのあるらしいです。
(一部抜粋)
『柔道の基本は受身
受身とは投げ飛ばされる練習
人の前で叩きつけられる練習
人の前でころぶ練習
人の前で負ける練習です。
(省略)
柔道の基本では
カッコよく勝つことを教えない
素直にころぶことを教える 
いさぎよく負けることを教える
長い人生には
カッコよく勝つことよりも
ぶざまに負けたり
だらしなく恥をさらすことのほうが
はるかに多いからです。
(省略)
ころんでもすぐ起き上がる 負けてもすぐ立ち直る
それが受身の極意
極意が身につけば達人だ
(省略)
早くから勝つことを覚えるな
負けることをうんと学べ 恥をさらすことにうまくなれ
そして下積みや下働きの 苦しみをたっぷり体験することだ
体験したものは身につく
身についたものー それはほんものだ
(省略)
負け方や受身の ほんとうに身についた人間が
世の中の悲しみや苦しみに耐えて
ひと(他人)の胸の痛みを 心の底から理解できる
やさしい暖かい人間になれるんです。
(省略)』
☆☆☆☆☆☆
悲しみや苦しみ、挫折も全部
「経験させてくれてありがとう」に。
人生の宝物にかえていく方法を
子供にしっかり見せてやれる親になりたいと思います☆
スポンサーサイト
[2012/05/31 17:28] 子供 | トラックバック(1) | コメント(2) | @
| ホーム | 次のページ>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。