オープンスクール☆
PE_20130202122648.jpg
オープンスクールでした(^-^)
生活の授業では
「大きくなったよ」と題し
0~5才頃までの思い出を
事前に家族から聞いて
それをまとめたものから一部、
発表していました~(^-^)
レポートを暗記して
みんなの前で
しっかり発表できていた姿に
また成長を感じたよ~(T-T)
娘は「誕生時の思い出」を発表していました☆
娘の誕生時の思い出といえば
「仮死で産まれ、保育器に入った」
ってことだけど
それを話した時
最初、娘は
「それは書きたくない」
って言ってたの(・・;)
ショックだったのかな。
でも、担任の先生もやっぱりその部分を
娘の発表として選んでくださったようで。
今回の授業には
まだ続きがあるんです。
今後、お母さん・お父さんから
子供達に手紙を書いてやってください、って。
だから、誕生時の思い出を
ネガティブにとらえているであろう娘に
ちゃんと私の想いを伝えたいなと思います。
娘を出産するまで
何度も入院し
妊娠後期は点滴につながれ
何ヵ月も病院の天井を見てすごしたり
安産じゃなかったり・・・
本当に母になりたいのかということを
何度も神様に試されてた気がします。
だから、仮死で産まれた娘が
息をしてくれたことは
神様からのプレゼントだ!と
強く思ったこと。
娘にも
日常を元気にすごせていることに
喜びをたくさん感じてほしい
と思っていること。
私自身も
『お母さん9年生』を誇れるように
日々、成長しようと思っていること。
手紙はなんだか気恥ずかしいけれど
いいきっかけなのでしょう(^-^)
授業の中で
担任の先生が読んでくださった絵本
『おかあさんだもの』の一節☆
「あなたのうまれてきた日、
決して忘れない。
どんなことがあっても、
忘れることはない。
だって、
私はあなたのおかあさんだもの。」
さて☆
学級閉鎖中なので
オープンスクールに行けなかった息子。
この日、パパになりました(笑)
先日から
「おばあちゃんちで恐竜が産まれるねん!」
と言ってた息子。
なんのことじゃい?(*_*)
と思っていたら
「今日産まれるはずなんだけど
まだ産まれないの・・・」と
たまごを持って帰宅しました。
こんなん
PE_20130202224708.jpg
ヒビは入ってるねぇ。
そして、夜になり・・・
産まれたぁ!!(^o^;)
PE_20130202224756.jpg
トリケラトプス☆
息子はすぐにおばあちゃんに電話☆
「今、産まれてん!!(コーフン気味)」
おばあちゃん、
付き合ってくれてありがとう~(笑)
スポンサーサイト
[2013/02/02 23:50] 子供 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR