スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
ひつじ
子供達が毎朝見る番組
「シャキーン!」での
3・3・7拍子の早口応援団が好き~(^q^)♪
3・3・7拍子のリズムで
似た発音の3枚の絵が順番に光り
それに合わせて、発音する
というものです☆
今日は「ひつじ・しつじ・つつじ」
2013100221292185e.jpg
最初の3拍子はこの順番どおりなんだけど
最後の7拍子には
絵はランダムな並びになって
かなりむずかしいです。
20131002212943ea6.jpg
で、これは 3 回繰り返されるんだけど
言えたためしがなくて。
余りの言えなさに
最後はいつも笑ってしまう~。
が、今日はいつもと違う笑い・・・ですよ。
むかしむかし
妹がノートに小説を書いていた事があって。
妹がいない時に
なんだ、これ?と
ノートを開いて見てしまった私。
そこには
「今日のひつじはご機嫌だった」
みたいなので始まる文章。
ファンタジーか?と思っていたら
次の文章、
「ひつじは言った『お嬢様』。」
・・・それって!!(゜ロ゜; )
×ひつじ→しつじだろ・・・(((^_^;)
って事がありまして。
だから・・・
やだ、もう!!
今日の早口応援団、笑いのツボ☆
かるく15年は前のことだけど
何年経っても
思い出は何かをきっかけに
リアルによみがえったりするね。
妹の場合
シュトーレン、アボガド、ペンギンのぬいぐるみ、ひつじ(笑)・・・
人の記憶って
きっと本人も意図していないところにあったりするもんだ。
例えば
息子がまだ言葉を話し出す前のこと。
なんだったか、悲しいことがあって
泣いてる私の背中を
息子がトトトトトンと
リズミカルにたたく。
ん?何かな、コレ?
と思っていたら
ある日、ふと
子供が泣いた時に
私がやっている仕草なんだと気づく。
なぐさめてくれてたんだな、きっと(^-^)
その仕草はそれまで
私には特別なことじゃなかったけど
息子には大事な記憶だったんだな
と思って。
それに気付いてからは
息子をなぐさめる時は
意識して背中をたたく。
非言語コミュニケーション。
息子と私のルール(笑)
不思議と同じように育てていても
娘はそこに「母の思い出」はないようです。
もし、私を思い出す人がいるとしたら
どんな「モノ」がきっかけになるのでしょうか?(^ー^)
スポンサーサイト
[2013/10/01 23:05] 子供 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。